プロペシア

プロペシアのジェネリック、フィンペシア以外にも多数

更新日:

ジェネリック医薬品引用画像

引用元:日本ジェネリック製薬協会 |1. ジェネリック医薬品を知りたい方へ

プロペシアには日本国内および国外で、多数のジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品は先発薬の効果はそのままで、価格が安くなる後発医薬品です。

通販で最も人気があるプロペシアジェネリックはフィンペシアですが、フィナステリドとして日本の医療機関でもプロペシアジェネリックをお求めになれます。

当サイトでは、通販で購入できる海外製のプロペシアジェネリックとして、フィナロ、フィナックス、プロスカルピンを紹介しています。

日本国内で処方されているジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品引用画像02

引用元:日本ジェネリック製薬協会 |1. ジェネリック医薬品を知りたい方へ

日本国内では、プロペシアの主成分フィナステリドに製造元を追記した商品名で、多くの製薬会社からジェネリック医薬品が販売されています。

ジェネリック医薬品は先発薬の特許が切れた後に、開発元以外の会社が製造している正規の医薬品です。開発費を抑えられるため、先発薬と同じ効果ながら価格が安くなります。

処方される薬をジェネリック医薬品に変更する際には、まず処方せんを見てジェネリックへの変更ができるかどうか 確認します。
処方欄にある「変更不可」という項目にチェックが入っていなければ、ジェネリックへの変更ができますので、受付や薬局でジェネリックへの変更を希望する旨を伝えてください。

現在ではジェネリック医薬品への切り替えを推進している病院や薬局が多いため、医師や薬剤師から「ジェネリックに変更しますか?」と聞いてくる場合も多いです。

個人輸入代行サービスで購入できるジェネリック医薬品

医薬品の通販サイト(個人輸入代行サービス)では、インドの製薬会社から販売されているジェネリック医薬品を多数とりあつかっています。インドは2005年まで医薬品の特許が存在しなかったため、多数のプロペシアジェネリックが(正確にはコピー医薬品)が製造・販売されています。

いずれもフィンペシアと同様に主成分としてフィナステリドを1mg含んでおり、基本的な飲み方はフィンペシアやプロペシアと同じです。

フィナロ

フィナロ製品画像

フィナロはインタスファーマが製造・販売しているジェネリック医薬品です。キノリンイエローは使われていません。

当サイトで紹介しているあんしん通販マートでは、フィンペシアと同じ値段でフィナックスを販売しており、1箱あたり100錠入っています。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱セットで1錠あたり30円まで値下がりします。

箱数通常価格販売価格1錠あたり
1箱3,980円39円
2箱7,960円6,567円32円
3箱11,940円9,015円30円

フィナックス

フィナックス製品画像

フィナロはドクターレッディーが製造・販売しているジェネリック医薬品です。キノリンイエローは使われていません。

当サイトで紹介しているあんしん通販マートでは、シート単位でフィナックスを販売しており、1シートにつき30錠入っています。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱セットで1錠あたり44円まで値下がりします。

シート数通常価格販売価格1錠あたり
1シート1,980円66円
2シート3,960円3,267円54円
3シート5,940円4,485円49円
5シート9,900円6,844円45円
7シート13,860円9,276円44円

プロスカルピン

プロスカルピン製品画像

プロスカルピンはフォーチュンが製造・販売しているジェネリック医薬品です。キノリンイエローは使われていません。

当サイトで紹介しているあんしん通販マートでは、フィンペシアより若干安い値段でフィナックスを販売しており、1箱あたり100錠入っています。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱セットで1錠あたり26円まで値下がりします。

箱数通常価格販売価格1錠あたり
1箱3,480円34円
2箱6,960円5,742円28円
3箱10,440円7,882円26円

-プロペシア

Copyright© フィンペシア通販で今日から始める薄毛治療 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.